防寒で挑まなければまずい

野外でのバイトって、春や秋は良いものの冬は本当にこたえますよね。

 

友達が土木系の日雇いバイトをやっていたのですが、土木系は身体を動かすので厚過ぎる格好は逆効果になると言っていました。

 

汗をかいて冷えてしまえば、たちまち風邪をひいてしまいます。

 

暑くなったら脱げるよう、重ね着が良いと言っていました。

 

 

 

もう1人、新築マンションの案内のプラカードを持って座るだけというバイトをしていた友達がいるのですが、冬は地獄だそうです。

 

 

座っているだけだからとにかく寒くて寒くて、早く終われって心の中で叫んでいたとの事。
服装自由なので、上半身は薄手の腹巻をしてからヒートテックを着て、タートルネックのセーターを着て、カーディガンを着て、ダウンジャケットを着て完成です。

 

 

下半身はインナーソックスの上にタイツ、ヒートテック靴下、レッグウォーマー、ナイロン素材のジャージで完成だそうです。分厚いものを着込むよりも、薄手の物を重ね着した方が空気の層ができて暖かいのだとか。

 

 

ネックウォーマーなどで隙間を埋めるのも防寒対策なのだそうです。なるほど、私も以前ティッシュ配りの日雇いバイトに登録して何度かお仕事をしたのですが、寒くて寒くて記憶が曖昧です。

 

 

確かウインドブレーカーが支給されたので、ぺランペランのウィンドブレーカーの下に私服を着込んでバイトに臨んだ記憶があります。
カイロを背中に張り過ぎて背中が赤くなっちゃったので、カイロを張れば良いというものでもなさそうです。

 

 

冬のバイトは、この様に寒さとの戦いになります。充電式のあったかベストを発見したのですが、重くて肩がこりそうでした。やはり足元からポカポカする様に心掛けるのが1番みたいです。